◆リメンバ−福岡 自死遺族の集い◆

・・・リメンバ−のわかち合いとは?・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●●リメンバ−のわかち合い ●●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜リメンバ−のわかち合い〜

わかち合いは単なるなぐさめ合い 頼り合いではない
もっと積極的な意味を持っている

当事者(自死遺族)が集い 人の話を聞き 心の中を見つめ
くり返し思いの丈を語ることによって 自分の気持ちを整理して行く

人の言葉で心の奥底に気付き 自分への尊敬や 本来の自分を取り戻していく

この苦しみの中にいるのは 自分一人ではないことを知り 抑え続けていた感情や 
自責の念から 解き放たれる

そして生活のしづらさを減らし 社会の中での生きづらさを減らす

焦らずに ゆっくりと ゆっくりと リメンバ−の仲間たちと、わかち合ってください


※リメンバ−福岡の「わかち合い」は、岡 知史 著「セルフヘルプグル−プ」を参考に製作いたしました。




・・・集いの内容、運営・その他のご案内です・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●●集いの内容 ●●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遺族の集いのご案内◆
■開 催 日■
奇数月 第4日曜日 13:00〜16:00
※受付 13:00〜13:15

■会  場■
福岡市健康づくりセンタ− あいれふ
〒810-0073 福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ
8F視聴覚室
※会場の都合により、開催日・会場が変更となる場合がありますので、当ホ−ムペ−ジの「次回集いのご案内」で確認いただくか、福岡市精神保健福祉センタ−まで事前にお問合せください。

■参加条件■
家族恋人友人など近しい人を自死(自殺)で亡くされた方

■参 加 費■
500円/人


◆集いの内容◆
◇ 少人数に分かれて、わかち合い(語り合い)の場を持ちます。
◇ 各グル−プにスタッフが進行役(ファシリテ−タ−:支援的司会者)として参加します。
◇ お話を聞かれるだけでも結構です(パスすることができます)。
◇ 安心して語り合うことを心がけています。
◇ 個人の情報は守ります。安心してご参加ください。


◆運営・その他◆
◇ 市民によるボランティアで会を運営しています。
◇ 福岡市精神保健福祉センタ−の共催により、センタ−の職員もスタッフとして参加しています。
◇ リメンバ−の集いへ参加された方で、ご希望の方には、次回開催のご案内などを掲載した「リメンバ−便り」を発送しています(※現在、休刊中)。
◇ 会場案内・郵便物・ご連絡などには、「自死自殺」の文字は使わず、『リメンバ−福岡』でご案内しています。


◆設立の経緯◆
◇ 2004年9月 リメンバ−福岡 自死遺族の集い 設立。
◇ 2ヶ月に1度『自死遺族の集い』を開催。
◇ 会報誌「リメンバ−便り」を発行(隔月)。集いに参加された遺族の声や情報を掲載。
◇ リメンバ−福岡は、ボランティア団体です。母体であるNPO法人 日本ホスピス在宅ケア研究会の自死遺族ケア部会に属しています。現在、リメンバ−神戸・リメンバ−名古屋そして福岡と、それぞれの地元のスタッフがそれぞれの遺族会・集いを運営しています。


◆主催・共催◆
■主催■
リメンバ−福岡 自死遺族の集い
■共催■
福岡市精神保健福祉センタ−


◆お問合せ◆
〒810-0073  福岡市中央区舞鶴2-5-1 福岡市立婦人会館(あいれふ内) 
電話 092-737-1275
(福岡市精神保健福祉センタ−)  
(月〜金 10:00〜16:00 祝休日・年末年始除く) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戻る
トップペ−ジへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Copyright(C)2009 ●リメンバ−福岡 自死遺族の集い● All Rights Reserved.